ガソリンの店頭価格

25週連続で、ガソリンが下落しています。
こういうのは、原油安による大きな恩恵ですね。

『ユーロ円の為替レート』
最近、ユーロ安が顕著です。
欧州中央銀行による量的緩和の効果を織りこんでいます。

『ソフトバンク』
正式に、中国タクシー配車会社(トラヴィス)への出資を発表しました。
総額で、約700億円です。
本当、色々なジャンルに進出しています。
中国は人が多いので、ビジネスをする価値が大きいです。

『ビール類の出荷におけるシェア』
アサヒが、5年連続で首位を獲得しました。
市場自体は、10年連続のマイナスです。
現行統計が始まった1992年以降の過去最低を更新してしまいました。

『日銀のETF買い』
数字上の計算では、1日120億円ぐらい
買うことが可能です。

『スズキ』
上げ幅を拡大しました。
インド中銀による政策金利の引き下げが
買いの材料視になっているようです。
インドにおけるスズキのシェアは、すごいですから。

『原油価格の急落で』
中央銀行による政策金利の引き下げが、相次ぐかもしれないです。(特に、新興国)

『日経平均株価』
312円、上昇しました。
昨日とは一転、今日は、買い方の完全勝利でした。
アメリカ合衆国と同様に、ボラタイルな展開が続きますね。

『マザーズ指数が続落』
盛り上がっている東証一部と違って、蚊帳の外です。
新興市場のメインプレーヤーである個人投資家にとっては、歯がゆい展開ですね。

マレーシア株投資の薦め

アベノミクス効果もあり一時急回復した日本株式市場ですが、現在は円安効果も薄まり伸びの勢いが弱まっております。また海外投資家を中心に、安倍政権の政策実行能力を注視しており今すぐに海外勢が積極的に日本株を買いにいく状況ではございません。

そうした環境下、今回推奨するのは東南アジア諸国(ASEAN)株式です。中でも東南アジアの優等生として安定成長を続けるマレーシアに今回はフォーカスします。日本人にとって東南アジアというと、良好先としても人気の高いタイやシンガポールなどを真っ先に思い浮かべるかと思います。ただマレーシアも知られていない分、投資機会が多数存在します。

マレーシアは現在2020年の先進国入りを目指し政府主導のインフラ投資を推進したり、国民全体の生活水準向上のため各種住宅政策や消費刺激策を打ち出しております。また5つの地域(北部、東部、イスカンダール、サバ、サラワク)の地域開発です。基本的に同国は政府主導で経済運営がなされており、株式市場に関しても政府が主導する、もしくは発展を図る地域、分野に投資機会があると考えます。具体的には首都クアラルンプールを世界有数の大都市とすべく各地でMRT(大量高速輸送)や大型ショッピングモールなどの建設が着々と進んでおり、建設産業は有望なセクターと言えそうです。

今は片手間ですが

片手間で始めた株を少しもっています。堅いところを選んでいるので、時々安くなると買い足す程度です。そのうちの一つが今高値をつけているので、やはり心が躍ります。しかし、昼間は仕事があるので、取引がなかなかできないのが残念です。
時間があればもっと本格的にチャレンジしてみたいのですが。私自身はあまり冒険したくなく、余りの部分で投資したいほうです。あまり業界のことは知りませんが、その人の傾向に合わせた投資方法を選べるほうがいいですね。
アンケートなどで「営業マンと話はしたくない」というところにチェックを入れるとこちらから連絡しない限り電話はしないとか。今、時々仕事中に電話がかかってきて困ることがあります。利用者専用ページにメッセージを書き込むかたちなどしてくれれば大変ありがたいです。それなら、空いた時間に利用ができます。実店舗のある会社はもしどうしても営業マンや店に行かなければならないときにもアポが取れるとか。そういうシステムがほしいです。
今はあまり取引できませんが、定年後はもう少しチャレンジしてみたいです。これからの老後を過ごす人はパソコンや携帯電話を使いこなす人が多いのでそれらのツールを充実させてほしいと思います。先に述べたコンテンツなどがあればうれしいです。

投資額の10%の利益を狙いましょう。

私は20歳の頃から株式投資をやっています。始めたきっかけは経済の勉強がしたかったからです。高校を卒業してまだ社会人としての経験が浅かった私は「まずはお金が動く仕組みを勉強しよう」と思いました。そのために最初はノーロードの投資信託に手を出しました。
株式投資の金額、つまり株価は「正しくない価格」と言われています。どういうことかと言うと、現在の価格(株価)が正しくないから株価が動くのです。
例えば働いて稼いだお金を投資に充てるとします。すると当然給料の額が変動しますよね。これって当たり前のように見えてスゴイことだと思いませんか。働いて得たはずのお金が投資をすることによって、私が働いた後もお金自身が働いてくれるのです。もちろん損失になることもあります。しかしそれは株を買った当初の金額(つまり株価)が市場の金額に合っていなくて修正されたからです。これは利益が出たときにも同様の事が言えます。
しかし実際に投資をしてみると高い確率で利益を出すことができます。といっても億万長者になれるほどの甘い世界ではありませんが…私の場合だと1年で投資額の10%の利益率を狙えます。例えば100万円投資に回せば1年で10万円の利益が出ます。そして1年の間は大きく損益額が変動します。10%の利益を出せるということは10%の損失が出る可能性も同様にあるということです。もし今10%の損失が出ているならばグッと我慢することです。いっそのこと1ヶ月くらい株価を見ないほうが得策です。私のこのようにして今まで利益を出してきました。